男女の産み分け妊娠にチャレンジ(Home) > その他の産み分け > 食事による産み分け

食事による産み分け

食事と産み分けについて昔から食事による産み分け方法というものが、伝えられてきました。
食事による産み分けの基本的な考え方は、食事によって男性や女性の体をアルカリ性や酸性に傾かせ、男の子や女の子を産み分けするというものです。
例えば男の子の場合、男性が肉や魚を中心に食べ、女性がサラダ中心の食事をとる、女の子の場合は、男性がサラダ中心の食事を取り、女性が肉や魚を中心に食べるというものです。

では、このような食事方法による、産み分けの効果はあるのでしょうか?
人間の体には、恒常性(ホメオスタシス)といって、体温や血圧、体液の浸透圧やPH(アルカリ性や酸性)などを一定に保とうとする性質があります。
この性質によって、人間の体は健康を保つ事が出来るのです。
ですから、上記のような食事方法を取っても、体内のPHがどちらかに傾くとは考えにくいです。
もし仮に、過度の食事方法で、PHのバランスが崩れる事があるとすれば、それは体にとっては非常に危険な事だとも言えます。

それに男性の精子は、約3ヶ月前に作られ始めたものが射精されます。
ですから、この方法に効果があるとしても、男性は最低でも3ヶ月の期間も偏った食事を取る事になります。これでは、体調を壊してしまう恐れがありますので、おすすめできません。

妊娠するという事は、男性・女性共に健康であることが望ましいです。
ですから、毎日の食事は出来る限りバランスよくし、健康的な体を維持する方が、産み分けには効果があると考えるべきなのではないでしょうか?

ただし、食事による産み分けの効果が全く無いとも言い切れず、例外もあると思います。
例えば男の子の産み分けの場合、その日の夜は男性に頑張ってもらう必要があります。
そのため夕食にニンニクを出すなどの、気分や体を盛り上げる効果のある食材を使えば、食事による産み分けの効果があると言っても、それは過言ではないと思います。
その他にも、リンカルのように産み分けに効果のある成分が含まれるものが、一般の食材の中で今後発見されないとも言い切れません。

コーヒーによる産み分け

コーヒーによる産み分け最近話題の産み分け方法に、受精を行う前に男性がコーヒーを飲むというものがあります。
これはコーヒーに含まれるカフェインが、精子(特にY精子)の活性を上昇させる効果があるためです。
ですから、男の子の産み分けにチャレンジする30分位前に飲むというものです。

この事について、気になる部分がありましたので少し調べてみました。
以下の内容は、まだ調査段階ですので、曖昧な部分がありますが、その点はご了承下さい。

調べてみると確かに、カフェインを摂取後に精子の活性は上がるようで、不妊治療の現場でも、射精前60〜90分前にカフェインを服用をすすめる場合があります。
さらに、その効果を高める為か?受精前の1週間程度、カフェインを摂取してはいけないらしいです。
また、精子に直接カフェインを添加すれば、さらに効果的らしいのですが、カフェインの安全性が確認されていない為、現状では行えません。
その他には、アメリカの研究者の調査によると、1日コーヒー3杯分のカフェインが、精子の遺伝子を損傷させる恐れがあるというデータを発表しています。
しかし、なぜカフェインの摂取で、そのような異常を引き起こすのかまでは、分かっていないそうです。

これらのことから、男の子の産み分けチャレンジの60〜90分前に、男性が1杯程度のコーヒーを飲めば、多少の効果があるかもしれませんが、無理に飲む必要はなさそうですね。また、飲みすぎは逆効果になる恐れがあるので注意してください。
あまり神経質になりすぎると、ストレスの原因になりかねませんが、普段からコーヒーの摂取は1日1〜2杯程度にした方が良さそうですね。

それと、女性がカフェインを摂取すると、着床率を下げると一般的に言われていますので、産み分けチャレンジ期間中は、女性は特に控えた方が良いかもしれません。


産み分け基礎知識
産婦人科で産み分け
産み分けカレンダー
その他の産み分け
食事による産み分け